英語教育について

小学校の英語テスト「点数アップのための、3つのポイント」

こんにちは! 豊永博司です。

2020年度から始まった小学校での英語授業。3,4年生は週に1時限、年間35時限の英語活動が行われます。

そして5,6年生での英語の「教科化」。

週に2時限・年間70時限の英語の授業。

やっと、小学校で日本中の子どもたちが「英語」を勉強できるようになりました。

これまでのような「知識を詰め込む教育」で、子どもたちの可能性の芽を摘んでしまうことのないようにと願っています。

ただし、教科になるということは成績がつきますね。

実際に英語授業が始まる前に、教室でお母さま方からよく聞かれたのは

「家では、どんな勉強をしたら良いでしょう?」

「どんな対策をとればいいのですか?」

「先生、うちの子、大丈夫でしょうか?」

お母さま方には

「教室では5,6年生までに英語にたくさんふれて、英文も読めるようになっているので心配いりませんよ」

とお伝えしているのですが、やはり心配ですよね。

6年生の生徒さんのお母さまから届いたお声がこちら↓(※掲載許可を得ております)

テストの表面は英語を聴いて答える問題、裏面は自分で英語の文を読んで回答していてビックリ!

本人に聞いたら大体わかるとのこと。

我が子ながらスゴーい!!と感心しました。

  • 来春から小学3年生になるお子さん
  • 5年生になるお子さん

そして今まさに

  • 小学校で英語の授業を受けているお子さん

あなたのお子さん、大丈夫ですか?

今回は

小学校の英語のテストで「点数をアップするために必要な3つのポイント」

についてお伝えします。

小学5年生の英語テスト、どんな問題がでているの?

では実際に、どんな問題が出されているのか?

教室の生徒さんから聞いた話では、5年生のはじめで

My birthday is January 3rd. I like swimming.

I want a new house for my birthday.

英文を読み取り、誕生日と欲しいものを選ぶ問題や

Hello.

My name is Hiroshi.

I like cats.

I want to study English.

I want to be a teacher.

Thank you.

のような文を読んで、勉強したい教科、なりたい職業を答える

(あくまでも例題です。ちなみに上記の内容は私のことです・笑)

といった問題が出されているそうです。

また1学期のまとめでは、where what when といった疑問詞を、文に合うものを選び書き入れる問題も出されたようです。

小学6年生の英語テストは?

6年生になると

I’m Hiroshi. I live in Takamatsu, Kagawa, Japan.

I go to school by car.

I have breakfast every morning.

I like rice very much.

My treasure is my cats.  I can play the piano.

(こちらも生徒さんの話をもとにした例題です。ピアノは本当に弾けます、ほんの少しですが・笑)

また、always, usually, sometimesといった頻度をあらわす言葉も「読んで理解」しなければいけない問題も出されたようです。

思っていたよりも難しい問題が出されているようで、まったく英語を習っていない子が解けるのかな?とも思いますが、6年生のお子さんのお母さま、どうですか?

小学校英語のテストで点数アップするための「3つのポイント」

上記から私が考える重要なポイントは3つ

  1. 英語の単語・表現を知っている
  2. 英語の音声に慣れておく
  3. 英語を読むための、フォニックス学習

それぞれについて説明します。

1.英語の単語・表現を知っている

まずは単語や、あいさつ、簡単な自己紹介などの英語を知っていることが必要となります。

英語が教科になる5,6年生からは授業で教科書が使われますので、週2時間の授業で先へ先へと進んでいきます。

また、教科書は3,4年生から週に1時限英語活動をした前提で作られています。小学校英語で取り入れられている英単語や英語表現はどんなものがあるのか?事前に知って少しずつ触れておくことができれば心強いですね。

文科省から出されている小学3,4年生用の英語教科書「 Let’s Try 」などを、ご参考になさってはいかがでしょうか?

2.英語の音声に慣れておく

最近の小学生は、かなりの数の英単語や表現をテレビやインターネットを通じて知っているといわれます。

その数、約1,000語。

ただ、ご存知のお母さまも多いと思いますが、トマトは英語で「tomato」・じゃがいもは「potato」、それぞれ、「トマト」・「ポテト」とは発音しません。

そして英語の大きな特徴でもあり、私たち日本人が英語の聞き取りで苦労する

  • 音がつながる
  • 語尾が発音されない
  • 単語と単語がくっついて別の発音になる

という現象がひんぱんに起こります。

よく例であげられるのが

「What time is it ?」

timeの語尾とit

itの語尾とisが、くっついて発音され

whatとitの「t」は発音されずに

「 ホワット タイム イズ イット 」 ではなく 「 ワッタイミジッ 」 のような発音になります。

そういった英語特有の音に慣れていないと、英語での聴き取りテスト(片面はすべてリスニング問題)が分からず、話しても「通じない英語」になってしまいます。

はじめて聞く言葉や、表現ばかりだと圧倒されてしまうお子さんもいますので、耳を英語の音声に慣らすためにも、NHKの小学生向け英語番組を観たり

英語学習の経験がある、または理解の早い子は「基礎英語」に挑戦してみても良いかもしれません。

インターネットやYouTubeで英語初心者の子ども向け英語プログラムを視聴するのもおススメです。

またお子さんが音楽好きであれば、楽しい子ども向けの英語の歌を車の中で聴いたり、ご家庭でBGMとして流すのも良いですね。

3.英語を読むための、フォニックス学習

5年生からは英文が読めなければ、テストで回答することができないのは、先にお伝えした通りです。

小学校では「ローマ字」を習います。それも英語を読むひとつの助けにはなりますが、英語の読み方とは発音が違うものもあること。

またあまりにもローマ字が定着しすぎると、

time ⇒ taimu

swim ⇒ suimu

と書く子も、よくいます。

そうならないためにも、そして高学年になる前にあわてないためにも、楽しくゲーム感覚で取り組めるうちに「フォニックス」学習に取り組めると良いですね。

私が英語講師を始めた○○年前(汗)。

フォニックスをご存知のお母さまはいらっしゃいませんでしたが、近年はご存知のお母さまも増えてきました。

また手に入れやすい価格のいろいろな教材や、音声付きのものまであります。

お母さまもご一緒に、お子さんのペースに合わせて楽しみながら取り組まれてみてはいかがでしょうか?

↓こちらの記事でも「フォニックス」について、お伝えしております。ご覧いただきご参考になれば幸いです。

教えなくても英語が読めた!その②

フォニックスって大事?

まとめ 毎日お忙しいお母さまへ

小学校の英語テスト点数アップのための「3つのポイント」

  1. 英語の単語・表現を知っている
  2. 英語の音声を聞き取ることに慣れておく
  3. 英語を読むための、フォニックス学習

お子さんの英語学習がご心配なお母さま、英語学習でお悩みのお母さま、ご参考になりましたでしょうか?

「こんなにたくさんのことをやらなくてはいけないの?!」

とあせらなくて大丈夫。

今すぐ、全部に取り組まなくても全然かまいません。

大切なのは

「楽しみながら」

少しずつでいいので

「続ける」

こと。

お母さまもお子さんも忙しい毎日を過ごしています。やらなければいけないことも山積みです。どうか

「あ~また英語のCD聴けなかった!」

「今日も何にもできていない!」

と、ご自分を責めないでください。

できる時にできる分量をやれば、それでいいんです。

お子さんが楽しみながら、自信を持って英語学習に取り組めるように、少しずつできることから始めてみてください。

お子さんの英語学習についてのお悩み・ご心配・疑問・ご質問等ありましたら、お気軽にご相談ください。

私に分かる範囲で答えさせていただいております。

また当教室では、お問い合わせや、ご相談を頂いた際に、こちらからの勧誘は一切しておりませんので、安心してご相談ください。

LINEからも子ども英語についての情報をお伝えしています。

よろしければご登録ください。

友だち追加
LINEからもお問合せいただけます。

「おとなしい子・ひっこみ思案な子でも、自信を持って英語が話せるようになる」ための子ども英会話教室「高松さぬキッズ英会話教室」

営業時間:10時から21時(土・日曜日・祝祭日定休)

事務所:〒761-0102 香川県高松市新田町甲283-1-204

電話:090-2894-8196

教室案内

お客様の声

アクセス

体験レッスンご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ090-2894-8196

※体験レッスンのお申込み、お問い合わせは「お問い合わせ」をクリック、またはお電話にてご連絡下さい。

ABOUT ME
高松さぬキッズ英会話教室ブログ
おとなしい子・ひっこみ思案な子でも、自信を持って英語が話せる「高松さぬキッズ英会話教室」定員5名・1レッスン75分・小学生で英検3級【会話にもテストにも強い英語力】が身につきます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。